北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業

約3.6haの壮大な市街地再開発によって、住宅・業務・商業の複合的な開発を推進。

「パークシティ大崎」は、約3.6haの東五反田地区最大規模となる市街地再開発によって誕生します。当地区では副都心に相応しい都市計画の整備や住宅・業務・商業の複合的な街づくりを推進。
マスターアーキテクトに日本設計、デザイン監修に光井純氏(光井純&アソシエーツ建築設計事務所)がプロジェクトに参画するとともに、7つの広場は、2社が企画したコンセプトを基本としながら、西畠清順氏がプランツディレクターとして植栽計画のプロデュース・ディレクションを担当しています。

大崎副都心計画

全体竣工ギャラリー