北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業

副都心に相応しい、大規模複合再開発

ごあいさつ

大崎は明治以降、先端テクノロジー集積の礎となる製造業が進出し、現在では東京都の一翼を担う副都心としてモノづくり産業を担う大手企業が集まるビジネス街へと変貌を遂げつつあります。このような変化の中で、当地区が位置する約29haの東五反田地区では、緑豊かで潤いのある景観をめざして、複数の街区からなる再開発を推進しております。既に、住・商・業が一体となった「オーバルコート大崎」「アートヴィレッジ大崎」「東京サザンガーデン」が完成し、賑わいのある街並を形成しています。それに続く、「パークシティ大崎」は、東五反田地区の中でも「大崎駅」を至近とし、地区最大規模の開発面積を誇る東五反田地区の集大成とも言えるプロジェクトです。

北品川五丁目第1地区市街地再開発組合 理事長 井上裕之
北品川五丁目第1地区
市街地再開発組合
理事長 井上裕之
この再開発により、旧街区を人にやさしい緑潤う新しい街へと生まれ変わらせ、大崎副都心として相応しい街づくりが完成する運びとなります。着想から30有余年の歳月を要しての完遂であり、感慨無量でありますが、これもひとえに関係機関各位のほか、皆様のご指導、ご支援、ご理解の賜であり、心より御礼申し上げますとともに、大崎副都心の飛躍・発展を祈念してご挨拶とさせていただきます。